私の克服体験とともに更年期障害の症状 女性40代50代で閉経前後に起こる更年期の症状と、改善方法。今後の対策などを項目別に調査しながら試しました。

40代から50代に起こる更年期障害とは

更年期障害の症状 女性
閉経前後に、女性ホルモン分泌の低下(エストロゲン欠乏)によって

  • 不定愁訴
  • ほてり・のぼせ(ホットフラッシュ)
  • 汗かき
  • 不眠
  • 疲労感
  • 肩こり
  • めまい
  • 耳鳴り
  • しびれ

など、人によって程度の差こそあれ、様々な日常生活に支障をきたす障害をもたらすものです。

ほかにも

  • 便秘
  • 抜け毛
  • 白髪増加
  • 太りやすい

など、見た目にも変化が起こってきます。

更年期障害の症状はどうすれば治せるのか?

私の場合は、閉経前から不定愁訴がありましたので
女性ホルモン補充療法を選択していました。
理由は

  1. 更年期は女性ホルモンが減少することが原因なので、なくなるのなら補充すれないいのでしょ?
  2. 日本ではまだ少ないが、欧米では当たり前の療法

だと、本で読んだからです。

6

私が通っていたレディースクリニックは、県内でも一番評判の良いところでした。
ですので、半年に一度は、乳がんや子宮がんの検診も一緒にしてくれていました。
数年続けるうちに、少しずつですが、子宮に小さな腫瘍らしきものができてきました。
最初のころ、クリニックの先生は
「まあ、腫瘍はありますが、良性ですし、小さいですから大丈夫」とおっしゃってくださいました。
ですが、徐々に大きくなり
ある日突然
「ホルモン療法を受けてくれとはこちらは言っていない。
本来やらなくてもいいものだ。
腫瘍があるといっているのに
なぜ薬を減らそうとしない。」
と、先生が怒り出したのです。

びっくりして、きっぱり通うのをやめました。

たぶん、そのせいでしょう。
私の更年期障害の症状は、仕事にも支障をきたすほど
外にも出れないほど重いものになりました。

50肩で、肩は動かなくなり
毎日のように、鬱々とした気分になり
お化粧などとてもできないほど多汗症になり
便秘と体重増加、歯周病、物忘れ
そして、抜け毛です。

一つ一つを徹底的に調べ
かなり克服できてきましたが
まだ、漢方薬を併用しながら、格闘中なのです。

私の体験が、一つでもあなたのお役に建てたなら
これ程うれしいことはありません。

だって、本当に苦しいこと、私には解ってあげられますから。。。

Copyright © 更年期障害の症状 女性《40代~50代》 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.